ヘルスケアトータルサポート(HTS)の特長

ホーム > 特定保健指導サービス > ヘルスケアトータルサポート(HTS)の特長

HTSの基本方針

一人ひとりのヘルスケアに最善を尽くし、健康増進に使命感を持って取組むHTSの基本方針は次のとおりです。

安全で質の高いサービスを一人でも多くの方に

  1. 安全・安心を第一に
    メタボリックシンドロームに伴う複数のリスクを慎重に見極め、ご利用者、医療保険者/事業主の皆様に安心して参加いただけるよう、運動障害等のリスクを未然に防止するための安全性を重視します。
  2. 高品質をめざして
    誰が、どういう態勢で(構造)、どのように(過程)、どれだけやって(実施量)、その結果どうなったか(健康結果)、ご利用者や全体の満足度はどうであったか(満足度)。以上のような内容で事業全体について成果を捉える必要があると考えます。HTSでは全部署が一体となって、この考えに基づいた高品質なサービスをご提供することを常に心がけています。
  3. 一人でも多くの方に
    セルフケアが重要な意味を持つ生活習慣病の深刻さに気づく機会と、行動変容を促す知見をご提供することにより、一人でも多くの方に参加していただくことが重要と考えます。具体的には、保健指導実施率を計画的に向上させるために、医療保険者の皆さまと協働して参加を促す仕組みを構築します。このため、プログラム導入時の「参加勧奨」をオプションとしてご提供しています。

HTSの品質管理

コンタクトセンター

<コンタクトセンター>

  • 科学的根拠(診断・治療アルゴリズム)に基づいた行動目標の設定と保健指導専門職によるスクリプトに沿った介入(電話による支援)
  • 専門職によるハイタッチな直接コミュニケーションをスーパーバイザー※がモニタリング
  • 医師・スーパーバイザー※を中心とする品質管理会議による品質管理チェックと教育・訓練カリキュラムへのフィードバック
  • コンタクトセンター業務の処理手順の標準化による効率化とご意見・苦情等のフィードバック
  • 個人情報の徹底管理(プライバシーマーク取得、個人情報保護管理規程、各種セキュリティーシステム等)

<コーポレートレベル>

  • リスク管理・コンプライアンス委員会によるガバナンス構築
  • 内部統制基本方針の制定
  • 個人情報保護方針の制定、内部監査規程
  • 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)から「プライバシーマーク」の使用許諾取得済

※スーパーバイザー ・・・ コンタクトセンターにて商品の品質管理や品質保持を担当する職務

ページトップへ ページトップへ