新卒採用エントリー リクナビに遷移します
育成を知る育成を知る
採用トップ > 教育制度

教育制度

MYTECNOの教育制度

MYTECNOでは、内定者研修からはじまり、新入社員研修、技術研修、ヒューマンスキル研修などと、それぞれのスキルに合わせた集合研修が用意されています。OJTや自己啓発への支援も行っており、「ITプロフェッショナル」を育成するための教育制度が整っています。

教育メニュー

OFF-JT (日常の業務を離れて行なう集合研修)

若手から中堅社員を中心に、段階的に知識や技術の向上を図るために各種研修を実施しています。新入社員研修にはじまり、管理職研修に至るまで、いろいろな考え方・方法に触れることにより、幅広い視野で物事を考えることのできる能力を向上させるのがねらいです。

新入社員研修

MYTECNOでは、入社後、約4ヶ月間にわたって新入社員研修を実施しています。
「ITプロフェッショナル集団」を創るため、ビジネスマナーをはじめ、情報処理やプログラミングの基本など、システム開発を行ううえで必要な知識を学びます。さらに、ホスト系研修やオープン系研修もカリキュラムに組み込まれています。
この研修では、社会人として、システムエンジニアとして必要な基礎知識を身に付けることが目標です。配属後に円滑に業務に入るための知識を学ぶ期間であると同時に、「自ら考え、努力し、行動・実践できる」システムエンジニアになるための土台作りをする期間でもあります。また、資格取得への積極的な取り組みの一環として、入社前から情報処理試験対策のサポートを行っています。
やる気があれば、文系理系関係なく立派な戦力としての力を身につけることができます。

技術研修・ヒューマン研修

それぞれの業務やニーズ、レベル、目標などにあわせて、上司と相談しながら受講カリキュラムを決めていきます。

OJT (日常の業務につきながら行なう教育制度)

OJTでは、現場で実際に仕事に携わりながら、上司や先輩社員から必要な知識やスキルを計画的・体系的に習得していきます。一人ひとりがOJTを通して業務遂行の基本スキルを身につけるだけでなく、仕事への取り組み姿勢や仕事に対する価値観なども学んでいきます。

メンター制度

配属後の3ヵ月間、先輩社員がマンツーマンで新入社員につき、仕事面やプライベート面のさまざまな相談にのるメンター制度があります。このメンター制度では、先輩社員が新入社員それぞれの能力・適性・性格に応じて、スキルや保険に関する基礎知識など、新入社員研修で習得したスキルを、実務を通してブラッシュアップしていきます。また、新入社員の会社生活における不安・疑問を解消し、新しい職場に早く溶け込みやすくするために、先輩社員が指導やアドバイスをしています。

メンター制度の紹介ページへ

自己啓発

e-Learningや通信講座の斡旋、社外セミナーやユーザー会への参加などの支援のほか、社員の自己啓発を推進するための資格取得奨励制度があります。

資格取得奨励制度

社員の自己啓発を推進するため、資格取得奨励制度があります。

  • 各種情報処理関連資格(応用情報技術者、高度情報技術者など)
  • 各ベンダー系資格(MCP、Oracle MASTER、IBM技術者認定制度など)
  • 業務知識に関連した資格(生命保険講座、FP技能検定など)