新卒採用エントリー リクナビに遷移します
育成を知る育成を知る

キャリアプランインタビュー

子どもを産んでから、仕事が一層楽しくなった:ITスペシャリスト 真下美恵

入社以来オープン系のシステム開発に携わり、数々のプロジェクトを成功に導いてきた真下。MYTECNOではじめてパソコンに触れたときからずっと、変わらない仕事への好奇心を持ち続けている。家庭との両立を上手に図りながら、なによりも「楽しむこと」を大切に、自分なりのキャリアを積み重ねている。

キャリアフロー

キャリアフロー図

Q:MYTECNOの仕事で大切なのは、どんなことですか?

楽しむことですね。私が入社した1991年は、まだパソコンが出回りはじめたばかりのころで、社内でも使いこなせる人が少なかった。新しいものがあると興味を抱かずにはいられないので、ぜひ私に使わせてくださいと言ったんです。そうして3台くらい壊しました(笑)。中身をすべて削除してしまったりなど、大失敗の連続です。でも、それがいい経験になりました。失敗しなければ学べないこともあります。なんでも好奇心を持ってやってみようという姿勢が、自分を伸ばす秘訣だと思いますよ。

Q:仕事のやりがいは、どんなところにありますか?

実際に使われるお客さまと直接対峙してご要望をお聞きし、それを実現する。そして、喜んでいただいたり、感謝していただくというのが一番のやりがいです。お客さまが困っていることを、こうすればできますよと提案して、ITで解決していくというのが私たちの仕事。もともとモノづくりが好きだったので、システムをつくることそのものも面白いですね。どうやったらできるんだろうと悩んで、こうしてみようかなと工夫して、最後に完成したときの感慨はひとしお。それがあるから、この仕事はやめられないんです。

Q:出産して、仕事のやり方はどのように変わりましたか?

会社と相談しつつ、残業をしないでいいように調整したり、ときには周りのメンバーにサポートしてもらったりしています。。こちらの希望や事情をきちんと考慮してくれるから、育児しながらでも働きやすいですよ。実際、子どもを産んでからの方が仕事が楽しくなりました。できる時間が限られているからこそ、かえって集中できるんですよね。仕事中心ではなくなったというのも、メリハリがついて良かったのかもしれません。会社での世界と家での世界、どちらも欲張って楽しむということに、今は充実感を覚えています。

Q:就職活動中の方にひとことメッセージを。

もし悩んでいる方がいるなら、「システムエンジニアって楽しいよ」ということを声を大にして伝えたいですね。自分には合わないのかな…と最初はとまどうことがあったとしても、続けていけばきっとこの仕事のおもしろさを見つけられると思いますよ。特に女性の方には、家庭と両立してやっていくための制度もありますので頑張ってほしい。面接では、自信をもって自分を売り込んでください。一緒に仕事できることを楽しみにしています。

Q:実践している息抜きはありますか?

ママさんバレーに燃えていて(笑)。ほぼ毎日、会社から帰宅して、ご飯をつくったその後に練習に通っています。ヘタクソなので悔しい思いもたくさんしますが、それは仕事で解消して、逆に仕事でストレスが溜まったときは、バレーで発散するようにしています。これから就職される方も、仕事以外に打ち込めるものを一つつくっておくといいですよ。

ママさんバレー集合写真