新卒採用エントリー リクナビに遷移します
仕事を知る仕事を知る

先輩社員インタビュー

システムが足かせとならないよう、私たちが一歩前を歩いていきたい:神木篤

Q:今の仕事について教えてください。

明治安田生命で保険の営業をされるMYライフプランアドバイザー(以下アドバイザー)さんや、全国の代理店で働くスタッフの、給与のもととなる成績の計算をしています。例えば、新規契約を取り付けるなどしたみなさんの成果が、毎日データとして上がってくるんですよ。アドバイザーさんだけでも3万人はいらっしゃいますので、膨大な量になりますね。お給料という大切な部分にかかわる仕事ですので、絶対にミスはできないという緊張感が常にありますが、私たちの仕事がみなさんの生活を支えるお手伝いをしているのだということを励みにして頑張っています。

Q:この仕事のおもしろい点は?

この仕事は、申込から入金、保全、解約といった、保険のすべての事象に詳しくなければなりません。また、新発売のものから数十年前のものまで、タイプもさまざまで膨大な量の保険商品について、深い知識が必要とされます。最初はチンプンカンプンでしたが、仕事するうちに自然と身に付いていきましたね。私たちのチームはみんな、気付けば保険博士のようになっています(笑)。

Q:MYTECNOのいいところを教えてください。

MYTECNOは関連会社やパートナー会社をはじめ取引先が多く、さまざまな業種の方と触れ合うことができます。入社前は、システムエンジニアというとパソコンの前でずっと作業しているようなイメージがありましたが、実際は誰かと話していることの方が断然多い仕事。もともと人と接するのが好きだったので、新しい出会いのたびにワクワクします。若手でもいろいろとチャレンジさせてもらえるので、やりがいも大きい。人から刺激をもらいながら、自分のコミュニケーション能力やネゴシエーション能力を伸ばすことができます。

Q:MYTECNOでこれから実現していきたいことは?

一概にシステムといってもさまざまなものがあり、お客さまはそのプロフェッショナルではありません。こんなことができればいいなというイメージはあっても、できないだろうと決めつけて引いてしまっている方がいらっしゃると思うんですね。そういうお客さまに向けて、システムというのはここまでできるんですよということを気付かせてあげたいと思っています。すでに、そのためのプロジェクトが明治安田生命の情報システム部とMYTECNOの間で立ち上がっていて、私も参加させてもらっています。システムがお客さまの進歩の足かせとならないように。私たちがいつも一歩前を歩き、引っ張ってあげられたらうれしいですね。

Q:就職活動中の方にひとことメッセージを。

私がMYTECNOに決めたのは、就職セミナーで出会った方がすごく話しやすく、この人と一緒に仕事がしたいと思ったのがきっかけでした。会社選びでは、自分が何をやりたいかというのも大切ですが、それと同じくらいどんな人と働きたいかということも大切です。就職活動はさまざまな人と出会えるので、この機会に多くの方と話をして、そのときに持った印象や感覚を大事にしてください。

1日の過ごし方

08:00 出社
「人と会う仕事なので、自分のために使える時間は朝か夜。小さい子どもがいるので、早く帰るためにも朝頑張ります」
AM メールチェック、スケジュール確認、資料作成など
 
11:30 ランチ
 
PM チームメンバーの進捗確認、仕事の発注、打ち合わせなど
「週に一度、丸の内の明治安田生命本社ビルで打ち合わせがあります」
19:00 帰宅
「月の中ごろが繁忙期で、そのときはもう少し遅くなります」