新卒採用エントリー リクナビに遷移します
仕事を知る仕事を知る

先輩社員インタビュー

誰がやっても同じものではなく、自分にしかできないことを:中村一寿

Q:今の仕事について教えてください。

明治安田生命の情報システム部とともに、証券業務にかかわるシステムの運用・保守や企画の立案などを行っています。ユーザーとなる方は主に、株式などの売買に携わるトレーダーさん。ですので、1日の業務は証券取引所が開く9時に合わせて、システムが問題なく作動しているかチェックすることからはじまります。万一の不備で取引ができないといった事態が発生すれば、大混乱は免れません。朝イチから気が抜けないですね。

Q:仕事をするうえで心がけていることは?

会社内にずっといると、中の世界しか見えず、広い視野が持てません。積極的に外へ出る機会をつくり、ほかの会社ではどのようなことをやっているのか見に行ったり、話を聞いたりするようにしています。システムエンジニアというと、机にかじりつきでパソコンの前から動かないイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、実は何よりもコミュニケーションが大事な仕事。もともと、私はシステムエンジニア志望ではなく、外に出て人に会う営業のような職種が向いていると思っていましたので、思いがけず希望どおりの職に就くことができました(笑)。MYTECNOは、そういうコミュニケーション好きのシステムエンジニアが多いと思いますよ。

Q:仕事のやりがいを教えてください。

今、世の中はたいていのものがシステム化されていて、非常に便利です。昔のように「○○ができないと困る」というような問題はあまりなく、お客さまも現状で満足されているからそれ以上のものを望まれていないことが多いんですね。そこで、私たちはお客さまが自分でも気付いていらっしゃらない「困った」を見つけて、使えばもっと便利になるシステムを提案します。常に新しいものをつくっていかなければならないので大変ではありますが、非常にやりがいがありますね。

Q:手放せないアイテムはありますか?

私にとっては国語辞書です。システムエンジニアというのは日々資料を作成し、誰かに自分の考えや要望を伝える仕事。だらだらと長文を書き連ねるのはどんな人でもできますが、それでは興味をもってもらえません。短い言葉でビシッと的確に伝えるために、どんな言葉を使えばいいのか。一つひとつの意味をものすごく考えます。だから辞書は必須ですね。小学校から使っているものを今も愛用しています。

Q:ズバリ、システムエンジニアに必要な資質とはなんでしょうか?

知恵と工夫ですね。今の時代は「失敗しないこと」が何よりも重視されていて、ともすれば敷かれたレールのうえからはみ出さないように歩くことばかりを最優先に考えてしまいがちです。仕様書に書かれてあるものをその通りにつくれば、仕事としては問題ないのでしょう。でも、そこにプラスアルファの何かを加えていかなければ、決してお客さまには満足してもらえません。知恵をしぼって、自分なりのひと工夫をプラスする。誰がやっても同じものではなく、自分にしかできないものを考えるということが、システムエンジニアの第一歩だと思います。

Q:なにか実践されている息抜きはありますか?

小学3年生の息子が野球をやっていまして、土日はそのコーチをしています。仕事のいい息抜きになるかというと…とんでもない。9時から5時までずっと見てますので、仕事よりも大変です(笑)。遊びも全力投球で、メリハリつけて頑張っています。

少年野球のコーチをしています

1日の過ごし方

08:00 出社
システムが正常に動いているかチェック
「証券取引所が開く9時までに、チームのみんなで確認します」
09:00 メールチェック、チームの進捗確認
 
11:30 ランチ
 
PM 打ち合わせ、会議、担当案件の業務遂行
「そのときのプロジェクトごとに仕事の流れも変わります」
18:00 帰宅
「なるべく残業はせずに帰ります。私が帰らないとみんな帰れませんから(笑)」