新卒採用エントリー リクナビに遷移します
仕事を知る仕事を知る

先輩社員インタビュー

ほかの人には技術がある 私には何ができるだろう:三浦佑子

Q:今の仕事について教えてください。

3年ほど前から、ウェブサイトの作成および保守、改訂業務に携わっています。昨年までは明治安田生命のサイトを、今年からは関連会社のサイトを主に手掛けています。チーフという立場にありますので、開発を進めるというよりはチームを管理し、みんなが進めている仕事の進捗を確認することなどが業務のメインですね。裏方に近い役割かもしれません。

Q:仕事のおもしろい点は?

それまでつくっていた関連会社用のアプリケーションは、使いやすさが第一で見た目などはそこまで重要視されていませんでした。でもウェブサイトとなると、一般の方の目にも触れるものなので、画面のデザインまで趣向を凝らして作成します。地味だった世界が一気に華やかになったことが、まずは単純に楽しかったですね(笑)。限られたユーザーさんだけでなく、全世界に発信されているという点も刺激になります。多くの方に興味をもってもらえるようにするにはどんな工夫が必要なのか。自分でも意識してウェブサイトを見るようになりました。最近は、スマートフォンやタブレットなども加わり、できることが多様化しています。私自身、日常で使うものでもありますし、生活に結びつく仕事をしているという充実感がありますね。

Q:どうしてシステムエンジニアになろうと思ったのですか?

何かをつくる仕事がしたいと思ったのがきっかけですね。とはいえ、特にシステムエンジニアになるための勉強をしていたわけではありませんので、新人研修ではものすごく落ち込みました。当たり前のことですが、できる人はできるし、できない人はできない。私はまったくできない方で、最初はついていくのに精一杯だったんです。そこで、自分だけの強みを見つけようと思いました。ほかの人には技術がある。じゃあ、私には何ができるだろうって。そうして続けていくうちに、お客さまとお話しするのが自分には向いているんじゃないかと思うようになりました。コミュニケーション能力も、システムエンジニアとしての強みの一つ。まだまだ未熟ですが、お客さまの力になれるスキルをもっと増やしていきたいと思っています。

Q:システムエンジニアに必要な資質とはなんでしょうか?

いろいろあると思いますが、一番大切なのは、やはりコミュニケーション能力だと思います。技術面で優れている人は同期にも先輩にもいるので、わからないことがあれば聞くことができる。でも、お客さまと直接お話して、ご要望を聞き出すというのは、誰にも頼ることができません。お客さまがシステムについて不案内な場合は噛み砕いてご説明したりと、その場で求められるものに合わせて柔軟な対応が必要になります。また、聞き出したご要望を正しくプログラマに伝えられるかも大事。すべて、個人のコミュニケーション能力にかかっているんですよね。

Q:MYTECNOでこれから実現していきたいことは?

お客さまにとって便利だと思える仕組みを、少しずつつくっていきたいですね。今は情報開示のセキュリティが厳しいので、お客さまがやりたいと思っていることもセキュリティの面から実現できないことがあるんです。つくる技術はあるのに、できない。セキュリティは確保しながらもそういうことを少しでも減らして、もっと自由に提案できる仕組みを考えていきたいと思っています。

Q:なにか実践されている息抜きはありますか?

通勤時の読書が、いい息抜きになっています。仕事でグツグツと脳が煮詰まっているときも、本を読むとその世界に没頭してしまって、うまくスイッチが切り替わるんですね。そうして一度仕事を忘れると、かえって落ち着いてものを考えられるようになっていて。常にデスクには何冊か置いてあります。チームのメンバーと貸し借りすることもありますよ。

読書が息抜き

1日の過ごし方

09:00 出社
 
AM メールチェック、進捗ミーティング
「今日一日の仕事の優先順位を組み立てます」
11:30 ランチ
「お弁当を買って、デスクで食べることが多いですね」
PM 日によって、資料作成、お客さまとの打ち合わせ、チームの管理など
 
20:00 帰宅
「遅いときはとことん遅くなりますが、なるべく20時には帰ります」