新卒採用エントリー リクナビに遷移します
仕事を知る仕事を知る

先輩社員インタビュー

やる気さえあれば若手にも挑戦の場を与えてくれる:佐藤弘孝

Q:今の仕事について教えてください。

ある共済組合の保険のシステム開発を行っています。全国にいらっしゃる組合員さまの保険の情報をまとめて管理するシステムで、顧客数はおよそ800万人。お申込やお支払い、解約など、保険のはじまりから終わりまですべてに携わっています。例えば明治安田生命の本体ですと、加入なら加入だけ、解約なら解約だけといったように管理システムが細分化されていますが、今の部署は一つの部屋の目に届く範囲で、保険の最初から最後までが動いています。幅広い知識が必要になりますので、日々学ぶことがたくさんありますね。保険というものについて、だいぶ詳しくなりました。

Q:仕事をするうえで心がけていることは?

疑問点は残さないということ。私の業務は、パソコンに向かってプログラミングするというよりも、その前段階の設計をすることの方が多いんです。わからないことをあやふやなままにしておくと、後工程にすべて響いてしまい、取り返しのつかない事態を招きかねません。疑問点があればその場で自分が納得するまで、話を聞くなり調べるなりして解決するように心がけています。

Q:ズバリ、システムエンジニアに必要な資質とはなんでしょうか?

忍耐力、でしょうか(笑)。どんな仕事でもそうだと思いますが、この仕事も時期によって忙しいときは本当に忙しい。そこを耐え抜くためには、忍耐力が必須です。でも、MYTECNOは人間関係がとてもいいので、自然と頑張れるんですよ。10歳、20歳上の上司でも気さくに話しかけてくれて、仕事の相談にのってくれる。失敗しても、ただ怒るのではなく、しっかりとフォローをしてくれます。支えてもらっているということを強く感じますね。多少辛いことがあっても、周りの人がいるから乗り越えていけます。

Q:MYTECNOでこれから実現していきたいことは?

前例のないことをしていきたい。自分で新しい何かをつくっていきたい。具体的に新しい何を?と聞かれると今はまだ答えに詰まってしまうのですが、そういった気持ちを持ち続けることが大切だと思っています。仕事にも慣れてきて、最近は責任が重い仕事も任せてもらえるようになりました。誰かに命じられるのではなく、自分で考えながら物事を進めていけるということに、今やりがいを感じています。人と同じことを繰り返しているだけではMYTECNOに入った意味がない。常識の壁を崩して、この仕事の第一人者と呼ばれるような人間になっていきたいですね。

Q:就職活動中の方にひとことメッセージを。

明治安田生命が母体の大きい会社だということで、自分のやりたいことができないのではないかと不安に思う方がいるかもしれません。でも、MYTECNOはやる気さえあれば若手にも挑戦の場を与えてくれる会社です。コミュニケーションが密なので、自分の率直な意見をストレートに言うことができるし、上司もそれを真摯に汲み取ってくれる。この案件をやりたいと言えば、積極的にチャレンジさせてくれるし、きちんとフォローアップもしてくれます。若手でもやりがいのある仕事ができる環境が整えられているので、ぜひ志望してみてください。

1日の過ごし方

08:40 出社
メールチェック
「9時に通常業務をはじめられるよう、その前にメールチェックします」
09:00 その日によって、資料作成、進捗ミーティングなど
 
11:30 ランチ
「先輩と一緒にお弁当を食べることが多いですね」
PM 引き続き資料作成やミーティングなど
 
19:00 帰宅
「忙しい時期は残業続きになりますので、そうでない時期は早く帰るよう意識します」