新卒採用エントリー リクナビに遷移します
仕事を知る仕事を知る

先輩社員インタビュー

進化するテクノロジーに合わせて新しい技術を身につけていく:佐藤和宏

Q:今の仕事について教えてください。

サーバを構築したり、端末のOSを設定したりするのが主な業務です。最近では、例えばお客さまが使っているWindows XPをWindows 7に入れ替え、使う方の環境に合わせて設定する作業などを行いました。ほかに、通信システムの管理などもしています。社内にいるよりも、お客さま先に出向いていることが多いですね。以前はシステム開発の部署でどっぷりプログラミングをやっていましたが、そのころに比べると格段にお客さまとの距離が近く、関係も深くなりました。

Q:どんなときにやりがいを感じますか?

やはり、つくったサーバが動きはじめたときですね。動かなければ問題なので、その時点ではやりがいというよりも安心感の方が大きいですが(笑)。無事に導入を終え、実際にお客さまに使っていただき、何の問題もなく安定して動いているのをチェックして…。そのときは「やった ! 」と気分が高まります。目に見える形で成果が出るのがうれしいですね。お客さまの喜ぶ顔をすぐそばで見られるというのも大きなご褒美です。

Q:学生の頃にイメージしていたシステムエンジニアと現実の違いは?

思っていた以上にお客さまと接する仕事だということです。技術も大切ですが、その前にまずはコミュニケーション。何をつくるにせよ、要望を聞き出さなければはじまりませんので。社内でもお客さま先でも繰り返し話し合って、間違いがないよう何度も確認します。こんなに打ち合わせが多い仕事なのかと最初は驚きましたね。そのうえで、やはり技術力も重要になってきます。日々進化するテクノロジーに合わせて、システムエンジニアも新しい技術をどんどん吸収し、身につけていかないといけません。先輩に教えてもらったり、自分で専門誌を読んだりと、毎日が勉強ですね。

Q:仕事をするうえで手放せないアイテムは?

メモ帳です。お客さまとの打ち合わせの内容や、端末の入れ替えなどで出向いた先での作業工程などを自分にわかる形で書いているだけなんですが、これがあるのとないのとでは大違い。議事録や資料などを作成するときの必需品です。もともと、先輩方みなさんが持っているから自分も…というのがきっかけでしたが、実際に現場に入ってからその大切さがわかりました。今では、持っていないと不安になります。

Q:MYTECNOのいいところを教えてください。

明るい人が多く、社内の風通しがとてもいいところです。仕事を進めていくにはコミュニケーションが必須ですが、先輩や上司にカタ苦しいところがないんですね。フランクに冗談を言い合ったり、仕事以外のおしゃべりもしたりと、普段から密な雰囲気でお付き合いをさせてもらえるので、臆せずさまざまなことにチャレンジできます。部署によるかとは思いますが、一緒に飲みに行くこともしょっちゅうですよ。大きい会社だからといって、上から押さえつけられるようなことはありません。これから就職活動する方には、先入観を取っ払ってみてもらいたいですね。

1日の過ごし方

08:30 出社
社内で管理しているお客さま向けの通信機器が正常に動作しているか確認
「お客さまの会社へ出向くときは、家から直行して終日そちらで作業します」
11:30 ランチ
 
PM 資料作成、お客さまからの質問や問い合わせの対応
「主にネットワークについてのご質問が多く、一つひとつお答えします」
18:00 帰宅
「波がありますので、遅いときは21時ごろになってしまうことも…」